枚方市招提平野町の整形外科・リウマチク科・リハビリテーション科、ねぎ整形外科・リウマチクリニック

  • HOME
  • 院長の想い
院長の想い

医院方針

院長

症状だけでなく生活の背景も察しつつ、ニーズにお応えできる診療を。

当クリニックでは、手術以外のことをできるだけ何でも行えるよう、医療機器やリハビリ施設にこだわっています。また、より新しい治療やお薬等も導入し、患者さんによりよい医療を提供できるよう努めています。

診療では、投薬、注射、手術等、複数の治療法を患者さんに提案し、患者さんのご要望も尊重しながら治療をすすめる方針です。手術をご希望の場合には、連携している病院へとご案内できる体制が整っていますし、手術はできるだけ避けたいという方には、さまざまな機器やお薬を使った保存治療を提案できます。

なお、基本的には患者さんのご要望を尊重しますが、治療によってどれだけ症状が改善しているか、その経過を診療の度に確認しながら、よりよい治療方法へと変更することもあります。できることを精いっぱい行うことで、患者さんの力になりたいと思っています。

私について

父からの影響、自らのスポーツ経験等から整形外科の道へ。

私の父は医学の研究職だったので、医学に興味はありましたが、高校の頃の私は、農学部でバイオテクノロジーの研究をすることにもあこがれていました。迷った揚げ句、最終的には、実際に自分の手で人の役に立てる医師を選びました。

整形外科を選んだ理由の一つは、大学でラグビーをしていて整形外科によくお世話になっていたことです。当初はスポーツ医学に興味があり、アスリートの治療に携わりたいと思っていましたが、学んでいくうちに、骨粗しょう症やリウマチの治療に惹かれるようになりました。

当時、リウマチの改善は今よりも難しく、整形外科で痛みの緩和や手術を行うことが主な治療でした。しかし、抗リウマチ薬や生物学的製剤などの薬の開発で、景色が一変します。今では内科でも診療していますが、整形外科として手術等に携わった経験を活かした外科的な視点を、内科的な視点に合わせて治療できることが私の強みとなっています。

患者さんへの想い

心の通い合った診療を心がけ、生活の質を保てる治療を親身に考えます。

診療では、患者さんにとってどういう治療がよりよいのかを考えるようにしています。そのため、症状とは直接関係のないお話も聞くようにしています。時には、お仕事や年齢、ご家族やペットの有無等、患者さんのバックグラウンドまで丁寧に伺い、手術をおすすめしても日常生活に負担にならないか等々を配慮しています。

また、患者さんが困った時、いつでも気軽に相談できるクリニックでありたいと願い、人としてのコミュニケーションを大切にしています。何でも話せる間柄で、一緒に病気と向き合っていきたいと思っています。

当クリニックは整形外科ではありますが、健診結果についてよく分からないことがある等、内科的なご相談にも対応しています。月1回、スタッフと一緒に勉強会を開き、医学の進歩に合わせて新しい治療法などを勉強する機会を設け、クリニック全体で、地域の皆さんのニーズに幅広くお応えできるよう努めています。